WebryOne, Inc.

兵庫県姫路市のホームページ制作会社

ローソファーをおすすめする理由と選ぶ際に気をつけたいこと

インテリア その他 趣味

ローソファー選びにお困りですか?
今回は、ネット通販で購入できるイケてるローソファー取扱ネットショップの紹介と、ローソファーをおすすめする理由をまとめました。

また、最後にローソファーを選ぶ際に気をつけたいポイントも実体験を元に書いてみたので参考にしてください。

ロータイプのソファーにするか迷っていたり、どこでローソファーを買えばいいかわからない方の役に立てればと思います!

ローソファーをおすすめする理由

僕は以前、引っ越しで新しい部屋のレイアウトを考えるときに、普通のタイプのソファーにするか、ロータイプのソファーにするか迷ったことがあります。
ローソファーをおすすめする最大の理由は何と言っても、「大きめの家具であるソファーを置いても部屋が広々してるように見える(感じる)こと」です!

メリット1 ソファーを置いても部屋の空間を広々保てる

一階のリビングに置くソファーだったのですが、部屋の間取りが、リビングとダイニング・キッチンがひとつの空間で繋がっているタイプの部屋で8畳くらいのリビングに置ける適度な大きさのソファーを探していました。

そこで検討したことというか重要視したところがあって、ソファーを置いた時に感じる空間の圧迫感でしたが、ローソファーを選ぶことで解決しました。

以前は見た目重視で普通のタイプのソファーを選んでいたのですが、やはり、普通のタイプのソファーに比べてロータイプのソファーは背丈が低い分、部屋の真ん中に置いたとしても、立ったらソファーの向こう側まで見渡せるので圧迫感がかなり減りました!

圧迫感が減ったということは、部屋が広々と感じるようになり、開放感も増しているのだと思います。
その後の生活スタイルも結構変わったので後述しますね。

メリット2 くつろぎ感がアップしてのんびりできる

先ほど、生活スタイルも変わったと言いましたが、ローソファーを選ぶことで、くつろぎ感がアップしました。

実際どのように変わったかというと、普通のタイプのソファーを置いていたときは、ソファーに座るのが普通でしたが、ローソファーになってからは座るだけじゃなくて、ゴロゴロと寝転んだり、夏だったらそのままフローリングにダイブして冷たいフローリングが気持ち良いと感じたりして、普通のタイプのソファーを使っている頃に比べて圧倒的にくつろげるようになりましたよ!

だらだらしてしまうというデメリットもあるかもしれませんが、快適なくつろぎ空間を求めているならローソファーは良い選択だと思います。



ネットで買えるイケてるローソファー取扱ショップ

ところで、ソファーってどこで買いますか?
近所の家具屋さんで買うのも良いのですが、家具屋さんだと揃えている種類が少なくて、希望のデザインや部屋の雰囲気と合うものがなかなか見つけにくいですよね。
何店舗が回ってるうちに、欲しいデザインが見つからずにすぐに一日過ぎてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

そんな時におすすめなのが、種類が豊富でお気に入りのデザインが見つかりやすく、しかも買ったら家まで届けてくれるネット通販で買うのがおすすめです。

部屋の中に設置までしてくれることも多いので、ソファーをネットで買うのは本当におすすめ!

僕がローソファーを買うときに見て回ったおすすめのネットショップを紹介します。

ソファーメーカー直売店 WARAKU

国内でソファ・座椅子を製造販売しているWEBショップ和楽
http://cellutane.co.jp/

ローソファーも製造していて、注文後の製造出荷で作りたてのソファーを届けてくれます。

楽天市場

定番ですが、ポイントが貯まってたりしたら絶対おすすめ!
ローソファーの品揃えも日本最大級ではないでしょうか。
https://www.rakuten.co.jp/

たくさんのショップが集まっているので、選び放題。一番おすすめです。

ベルメゾンネット

こちらもローソファーの種類が豊富で選びやすいです。
ソファーが届いたら部屋に設置までしてくれました。
http://www.bellemaison.jp/

ローソファーを選ぶ際に気をつけたいポイント

最後に、ローソファーを選ぶ際に気をつけたいポイントがいくつかあるので紹介しておきます。

背面の座高の高さに気をつけるべし

ローソファーを選ぶ際に気をつけた方がよいと思ったポイントのひとつが、座高の高さです。
低すぎると、もたれたときに首が支えられないので、首が疲れます。

深く座って頭までしっかりともたれたいなら、ハイバックタイプがおすすめ!

かといって座高が高すぎるとその分、空間の圧迫感も増すので、人それぞれではありますが、空間の確保よりも快適な座りごごちを求めるなら、この点はしっかりと考慮した方が良いでしょう。

意外と座高の低いソファーが多いので、できれば座高が40センチ以上あるものを選ぶ方が座ってもたれたときに疲れにくいと思います。

床から座面までの高さに気をつけるべし

これも人それぞれではありますが、床から座面までの高さが気になりました。

少し高すぎるものだと、足をフローリングに投げ出して長時間いると裸足だと少しかかとが痛くなる場合があるかも。

せっかくローソファーにするんだから、床と共に暮らすスタイルに徹して、低めのを選ぶと良いかもしれません。

ネットで買うなら安すぎるものは注意が必要

こればっかりはネットでソファーを購入したことがない人にはわからないかもしれませんが、僕の経験からするとあまりにも安すぎるものは買わない方が吉です。

特にネット通販だと、実際に座って座りごごちを体験できないのも理由のひとつではありますが、安すぎるものは中国などで大量生産しているものが多く、パッと見は全然良いのですが、細かなところで、縫い目やソファー自体の作りがよくなくてゴツゴツしていたり、裏返すと木に刺さった釘がむき出しになっていたりして、「大丈夫か?これ」って思うものもありますので注意しましょう!

あまりにも安すぎるものでなければちゃんとしっかりとしたソファーが多いですよ。

まとめ

  • ローソファーを選ぶことで部屋が広々見えて圧迫感が減り、開放感が増す。
  • ローソファーは普通のタイプのソファーに比べて、ゴロゴロ寝転んだり足を投げ出したりできる分、くつろげる!
  • ネット通販で買うことによって、たくさんの種類の中から選べるし、大きくて重たい家具なのに部屋まで届けて設置してくれるからネットで買うと良い。
  • ローソファーを選ぶ際に気をつけた方がよいポイントのひとつが、座高の高さ(40センチ以上がおすすめ)
  • せっかくロータイプのソファーを選ぶなら、床と共に暮らすスタイルに徹して、低めのを選ぶと良いかも。
  • ネット通販で買うときは、あまりにも値段が安すぎるものはできるだけ避けよう!

以上、ローソファーをおすすめする理由と選ぶ際に気をつけたいことでした。