WebryOne, Inc.

兵庫県姫路市のホームページ制作会社

ホームページ制作を業者に依頼する際に注意すべき点まとめ

Web Web制作

みなさん、ホームページ制作を業者に依頼するときに注意していることはありますか?

今回はホームページ制作会社であるWebryOneが、制作業者の立場からホームページ制作を業者に依頼する際に注意した方が良いと思う点をまとめましたので、ホームページを作ったりリニューアルで業者に依頼する際には参考にしてみてください。

ホームページ制作を業者に依頼する際に注意すべきこと

まずは作って終わりだけではないホームページを依頼したいときに、気をつけるべき点をリストアップします。

  • ちゃんと熱心にヒアリングを行ってくれているか?
  • 質問した内容に対しての答えが技術用語や専門用語ばっかりだったり、曖昧でないか?
  • 理由がなかったり、曖昧な理由で毎月のメンテナンス費用が必要と言われていないか?
  • 独自ドメインの所有権が業者のものになっていないか?

これら以外にも制作料金に関する点など他にもあると思いますが、今回は作って終わりではなく集客を前提とした価値のあるホームページを依頼したいときに特に気をつけたい点をまとめています。

作って形だけあれば良い場合は、上記のリストよりも料金の安さを重視するべきかと思います。

1. ちゃんと熱心にヒアリングを行ってくれているか?

まず1つめはこれです!絶対条件。
理由は、ホームページの中身ってお客さんが語る、商品やサービスに対する熱い想いを形にしたものだからです。

ホームページを見る側の人にとっても、サービスや商品を提供する側の想いが伝わらなければすぐにページから離れてしまいます。

中身のあるホームページを作るにはヒアリングが必須です。

ヒアリングにあまり時間を割かないとどうなるか?

考えてみれば分かりますが、形だけ綺麗なホームページになるでしょう。

形だけ綺麗なホームページは雛形があるので、今や無料で簡単に作れるサービスがあったり、格安で制作可能な時代です。

ホームページを作る目的が形だけではなく、集客やなにか商品の購入や申し込みに繋げたい場合には徹底的にヒアリングしてもらいましょう。

ヒアリングをすることでホームページ上でお客様がやりたいこと、達成したい目標を聞いて、その目標を効果的に達成するためのコンテンツ設計や運営プランを立てることができます。

結果的にホームページで提供する商品の売れ行きやサービスの申し込み数に関わってきます。

なので、しっかりとした目的を持ったホームページを作って目標を達成したいならこの点に一番注意しましょう。

2. 質問した内容に対しての答えが技術用語や専門用語ばっかりだったり、曖昧でないか?

2つめです。

これもヒアリングの時点で注意すべき点です。

当たり前ですが、ホームページを見る人たちは、商品やサービスについてほとんど無知の素人が多数ですよね。

つまり、ホームページで伝えるべき内容というのはほとんどの場合、素人でもわかるように一から十まで丁寧に説明しないと伝わらないのです。

特にホームページは文字が多いですよね。
最近は動画もありますが同じです!

相手は素人なので、専門用語や技術的なことを言われてもチンプンカンプンで伝わっていないのです。

なのでそれと同じで、ホームページ作りのプロである業者側の言っていることが分からなかったり曖昧に聞こえる場合は、そのホームページ制作業者は僕が先ほど述べたことをちゃんと分かっていないので、出来上がるホームページも同じように最終的に見る側の人にとって不親切で何を言っているのかよく分からないページが出来上がる可能性が高いです。

丁寧にやさしく、親身になって質問に答えてくれる業者を選びましょう。

3. 理由がなかったり、曖昧な理由で毎月のメンテナンス費用が必要と言われていないか?

3つめは、よくあるパターンですので注意してください。

月々のメンテナンス費用について、何のメンテナンス料なのかをしっかりを聞いてみてください。

たいていは、サーバーのメンテナンス費用だと言われて終わりですが、ひとつ確認できる方法をご紹介します。

まず、作る予定のホームページが、何らかの更新システムが入っていたり、問い合わせのためのシステムが入っているか入っていないかを確認してみてください。
もし、更新システムなどが入っていなければ、ページを技術的にメンテナンスする必要はありません。

ただし、ほとんどないと思いますが、サーバーがレンタルサーバーではなく、業者の自前サーバーの場合は、サーバーのメンテナンスやアップデートをしないといけないので、自前サーバーなのかレンタルサーバーなのかを聞いてみてください。

もしもレンタルサーバーと言われたら、サーバーのアップデートやメンテナンスはレンタルサーバーの管理会社がやっている場合がほとんどなので、サーバーのメンテナンスも必要なくなります。

このことを一度確認してみることをおすすめします。

※注意: 更新システムや問い合わせシステムがホームページにある場合はほとんどの場合、セキュリティのメンテナンスやアップデートが必要です。ちゃんとプロである業者に依頼することをおすすめします。

4. 独自ドメインの所有権が業者のものになっていないか?

4つめ!

これは、たまーにあるパターンなのですが、基本的にホームページのドメインはお客様のものです。

ドメインとは、ホームページのアドレスの一部ですが、住所のようなものです。

この住所のようなドメインの所有権が業者のものになっていないかどうか確認しておきましょう!

住所の上に家が建っているように、ドメインの上にホームページがあります。

つまり、このドメインは「資産価値」があると言えます。

これを知っている悪徳業者はドメインを自分のものにしてしまう業者が稀にいます。

ドメインは1年や3年、5年更新など様々ですが、ドメイン更新の際に更新料を払わないとホームページがなくなってしまうと言う業者がたまーにいますので注意しましょう!

※あくまで通常のホームページ制作の場合です。これを知った上でしっかりとしたサービスも稀にあるかもしれません。

まとめ

  • しっかりとした目的を持ったホームページを作って目標を達成したいならヒアリングをしっかり行ってもらいましょう!
  • 質問した内容に対しての答えが技術用語や専門用語ばっかりの業者が作るホームページは見る側に対して伝わりにくいホームページなってしまう可能性が高いので、丁寧に優しく親身になって相談にのってくれる業者に依頼しましょう。
  • 月々のメンテナンス費用がどんな内容なのかしっかりと確認するのがおすすめ。
  • 資産であるドメインを自分のものにしてしまおうとする業者は更新料などを請求してくる可能性が高いので注意しましょう。

たくさんの人へ商品やサービス、また想いを伝えることのできるホームページ。せっかく作るのだから納得のいくものを作ってくれる業者を選びましょう!

WebryOne, Inc.が提供するホームページ制作サービスについてはこちらをご覧ください。